R+HOUSE

建築家とともに考える家づくり

R+house X 中垣工務店

デザイン性が高く、高気密・高断熱であり、地震にも強い家…そんな理想的な住まいを手の届く価格で提供できないだろうか?と、私たちは様々なコストカットを実現し、価格を抑え、お客様の想いをカタチにしていきます。

\ 中垣工務店の家づくりPOINT /

身近に。手軽に。
建築家とつくる
デザイナーズ住宅

建築家との家づくりと聞くと、憧れはあるものの、もしかして気難しい人たちで、自分たちの思いをちゃんと受け止めてくれるのだろうか?と心配されることも。しかし、R+houseの建築家は、人々の生活をつくることが大好きで、そのための空間を設計するプロです。お客様の要望や日々のライフスタイルを丁寧にヒアリングし、ご家族に合ったプランニングをしていきます。そこには洗練されたデザインかつ、光や風の動きまで計算した心地よい空間が広がっています。

もちろん、私たち中垣工務店がお客様と建築家の間に入ることで、土地の取得から手続き、設計プランに至るまで一緒にサポートいたします。建築家との家づくりをより身近に、楽しく感じていただけるはずです。

快適に、健康に、長く暮らす。
高性能を追求した
快適で高耐久な住宅

“快適な住まい”とは、部屋の中が適温に保たれている家のこと。
暑い夏でも室温が上がりすぎず、寒い冬でも足元が冷たくならない。
正しく断熱して、気密性能を高め、計画換気を行えば、“快適な住まい”は実現できます。

「R+house」には、そのための工夫がたくさん。同時に光熱費も少なくても済むという、嬉しいおまけ付き!

快適で高耐久な住宅を実現するにはこの3点セットが不可欠。
住宅の温熱環境と空気環境を長きに渡り守ります。

「高気密住宅」とは?

「C値」で表されます。

住宅の気密性能をあらわす指標のことで、ゼロに近いほどすき間が少なく、気密性能が高いと言えます。

住宅の隙間を減らし、熱損失を少なくするので、冷暖房用エネルギーの消費を減らすことができます。計画的な換気をコントロールしたり結露を解消するなど、生活環境の快適性を高めた住宅です。

R+houseの気密性・断熱性は?

中垣工務店では、
全棟検査しております!

「高断熱住宅」とは?

「Q値」もしくは「UA値」で表されます。

数値が小さいほど性能が良く、住まいの断熱性能を示す目安で、熱の逃げにくさを表しています。

住宅の外部と接する部分(外壁・屋根・窓など)から熱が伝わらないように、室内と室外をエネルギー的にはっきり区切る事を「断熱」といいます。断熱工事によって、熱エネルギーの行き来が少なくなった状態が「高断熱」です。冷暖房効果が高いので、省エネルギー性が高く、環境への負荷も少ない住宅といえます。

2030年基準の
断熱性を

お約束します!

弊社の平均UA値 0.49w/㎡・k
※ZEH基準、UA値0.6以下

断熱性能が高いと、住み心地だけでなく、病気にかかるリスクが減り、冷暖房費の節約で経済的メリットも。

冷暖房コストシミュレーション

現在の光熱費で一般住宅とR+houseを比較してみると…

地震から家族を守る

近年、大きな地震が多発している日本において、地震に強い家を望む方は以前より圧倒的に多くなっています。
中垣工務店では、通常3階建て以上の建物でしか義務づけられていない「構造計算」(=安全性の数値化)を全棟で実施し、耐震等級3相当の耐震性を確保しています。
これは、防災拠点ともなる警察署や消防署と同等の耐震等級であることを意味します。

面全体で力を支えるパネル工法

耐震強化のために、パネルで面全体を支える「パネル工法」を採用しています。面全体で力を支えるので力が分散し、横からの強い力に耐えることができます。

合理的なルールづくり
しっかりコストを
抑えた住宅

注文住宅は、自由度が高いことから予算オーバーになることを心配する声をよく聞きます。私たちは、費用を抑えるところはしっかり抑えて、こだわりたい部分に予算をかける考えが大事だと思っています。コストカットのための「ルール」を作ることで、クオリティはそのままにコストを抑えた家づくりを可能にしました。

部材流通ルートの見直し

部材流通ルートをメーカー直送にしました。 工場の生産効率が上がるようなルールでWebシステムにて発注しています。これにより部材価格の低減が可能です。

設計ルールの取り決め

注文住宅の設計は、お客様がコストを意識しながら設計専門家と一緒に住まいをデザインすることが大切。 合理的な設計ルールを熟知している建築家がクオリティの高い住まいづくりをサポートします。

1/2レベルの工期短縮

工期が長いとその分の工事経費が掛かってしまいます。 工期を短縮するには、工事事務の手間や職人の手間を極力抑えるような上手な設計と職人手配が重要になります。 そのためのルールを設定しています。

営業経費の大幅削減

宣伝広告費や事務経費など建物に関係ない費用を極力抑えています。「とりあえず敷地調査」「とりあえずプラン」にもコストはかかっています。「とりあえず…」と無料で実施した分のコストは、実際に家を建てる人の建築費用に上乗せされてくるのです。
この無駄を一切やめました。