works

R+house

Fifty-Fifty HOUSE

広々とした開放感あふれるLDKも、
ゆったりと過ごせる大きな庭も最大限に。
奥様がサロンを開きたいという夢もあり、
未来への希望もたっぷりと込めました。

住み心地もオシャレさも譲れない

家づくりのきっかけは、お子様が産まれる前までに考えたいと、色々とリサーチ・勉強されていたS様ご夫婦。弊社のHPやInstagramを熱心に見て下さり、性能面も、理想とするオシャレさにおいても、両方を叶えたい!と、個別相談に事務所に訪れてくださいました。ご自身で探された土地をお持ちでしたので、弊社にて近隣調査を実施し、とても良い環境でしたので、そのままスムーズに家づくりがスタートしました。

みんなが集う広々としたLDK

現在の住まいについて「狭いし寒いし、揺れるし…不満しかないんです」とおっしゃっていたS様。「リビングがとびきり広くて、みんなが集まれて、明るいLDKが作りたいです。」と語って下さいました。さらにはお庭も大きく取りたいとのこと。両方を満たすために、建築家から提案されたコンセプトは「Fifty-Fifty HOUSE」。空がたくさん見えるようにと、建物と外部を半々に、最大限にとれるようにとそのバランスを試行錯誤しました。
視線の抜け感、広さを感じさせるために、ダイニングテーブルはキッチンと横並びに。キッチンバックの上部のハイサイドライト(高窓)からも間接的な明るい光を採り入れ、やわらかな雰囲気を保っています。

テレビボードやキッチンの腰壁はモールテックスを採用しました。少し窪みを作ることで遊び心をプラス。また、モデルハウスをご見学頂いた際に、モデルのテレビ背面に使用していたチークのウッドパネルを気に入って下さり、思い切ってキッチンの壁に貼ることに。モールテックスとの異素材の組み合わせも見事にマッチし、印象的な空間となりました。

パブリックとプライベートを分けて

奥様が将来的にご自身のサロンを持ちたいという夢があり、サロンを独立した空間として存在させるためにも、主寝室・子ども部屋に加えて、お風呂とランドリースペースを2階へ配置することにしました。これにより生活感が見えにくく、またベランダがなくても室内干しが十分できる領域もあり、家事の時短にもつながります。

Fifty-fiftyのインテリア

インテリアは、ご夫婦の「好き」をバランスよくミックスすることをご提案しました。奥様の優しくやわらかい雰囲気に、ご主人様の逞しいスパイスを加えることで、絶妙な調和を奏でていく、そんなイメージを持って。グレージュや真鍮がお好きな奥様のご希望で、可愛らしい照明をセレクトしたり、ご主人様の好きなブラックテイストを水栓や階段の手すりに採用したり…。マイルドさもありつつ、ワイルドさも併せ持つ、ここにしかない素敵な空間となりました。

十分な敷地の広さを活用し、北側に建物、南側に同等の駐車スペースと庭を配置し、南側からの採光と開放性を住まいの全体に取り込めるようになっています。LDKの上部に吹き抜けを設けることで、2階の気配はもちろん、上部からの光や風の流れも感じられ、上下の連続性を持たせています。
LDKの窓を思いきり開放して、大きなお庭と一体的に使うことができるので、とびきり大きなリビングでゆったりと豊かな時間を過ごすことも、庭にテントを張ってキャンプをすることも、たくさんの理想が一気に叶いそうです!Fifty-fiftyがもたらす、バランス感覚の良い、素敵な住まいが完成しました。

DETAIL

所在 瑞穂市
建物規模 地上2階建て
面積 32.56坪(107.64㎡)
外皮平均熱貫流率 UA値:0.41
相当隙間面積 C値:0.16
耐震等級 等級3