WORKS_08

「バルコニーのある住まい」

密集地でかなえた
開放感と安らぎのある住まい

岐阜県岐阜市 N様邸

CONCEPT

合理的な2階リビングと
夢のバルコニー

周囲は住宅密集地という環境下、いかに気兼ねなくのびのびと過ごせるかを考えたら、「思い切ってリビングを2階に」という選択がこのお家のキーポイントに。諦めかけていたバルコニーも、想像以上に素敵なカタチで叶うこととなりました。

誰にも邪魔されない
とっておきの空間

55坪の分譲地を購入されたN様。住宅が連なるこの土地で、窮屈さを感じることなく暮らしたいとのご希望でした。当たり前のように1階リビングの住まいが並ぶ中、2階LDKこそが、大切な家族団欒のひとときを、誰に気を遣うことなく、心安らかに過ごせるのではないかと、N様と建築家の先生の意見が一致。そこから迷いなく、プラン作りが進んでいきました。

階段を上ってすぐのリビングは、外に向かって長く視線が伸び、面積以上の広がりを感じさせます。キッチンにサニタリーを近接させ、家事動線をコンパクトに集約。居心地の良さと家事ラクが、日々の暮らしをよりゆとりあるものにしてくれます。

夢のバルコニーで
青空も夜空も独り占め

2階リビングから繋がるプライベートバルコニーは、開放感はそのままに、プライバシーを守るために、木製ルーバーを設置しました。
また、このバルコニーからは近所の神社にそびえたつ大木が素敵な景色の一部となり、緑を眺めながらティータイムなんてことも。ご夫婦お楽しみの晩酌は、お互いに一日の疲れを癒しながら夜空を見上げて。最高の贅沢がここにあります。

1階には主寝室と洋室、ウォークインクローゼットを設け、クローゼットの奥には、『釣り』が趣味のお二人ならではの趣味部屋を作りました。大切なルアーや竿のコレクションを、魅せる収納に。
この部屋からはウッドデッキへ直接出入りすることができるため、海釣りアイテムを洗って、干して、取り込んでという一連の作業がスムーズにできるのもポイント。

ご夫婦の思い描く『極力生活感が出ないように』という想いは、どこかお店を感じさせるような印象のスクエアな外観にも反映。チャコールグレーの外壁と木を組み合わせてシックな雰囲気にまとめました。本来ならば、玄関正面に見えてくるであろう雨どいも、「箱どい」という屋根の中に施工する方法を採用し、見た目の美しさも追求しました。
お隣との距離が近いため、玄関横の袖壁を長く出し、横からの視線や気配を最小限に抑える工夫も。

プライバシーをしっかりと確保しながらもくつろいだり、バルコニーに出て季節を感じたり。様々なアイデアと緻密な設計により、何ひとつ諦めることなく、N様の夢を一緒に叶えることができました。