WORKS_26

「エッジのきいた
 洗練された家」

細部までこだわり抜いた
個性あふれる美しい住まい

岐阜県大垣市 N様邸

CONCEPT

リビングの抜け感を大切に
LDKを最大限に広く設計

まるで体育館をイメージさせるような開放感あふれる空間をと、LDKが最も広くなるように検討しました。そして、南側からの日射を存分に確保するため、大きな掃出し窓を配置。外部への視線の抜け感とリビング上部の吹抜けにより、十分な広がりを感じることができます。

一目惚れのキッチンを
中心として

奥様のご両親から譲り受けた広い敷地に、ゆとりをもった配置計画で、内部と外部の繋がりを考えながら設計がスタートしました。N様ご夫婦は、「せっかくの注文住宅、細かなところまでこだわり、凝ったデザインにしていきたいね」と強く希望されていました。

南には大きな窓を計画し、たっぷりの日差しが取り込めるように。リビング上部の吹き抜けがさらにLDK全体の抜け感を演出し、心地よさがあふれる室内となりました。

1階で特に存在感を示すのは、奥様のお気に入りのグラフテクトのキッチン。食洗機は憧れのミーレ、そしてブラックのレンジフード、背面収納はキッチンの色に合わせて面材をセレクトし、全体の統一感を持たせました。

オシャレなタイル使い
色と素材の組み合わせ

テレビボードの背面には、平田タイルの「グビ」を採用。このタイルは、細やかな凹凸感が特徴的で、ヘンリボーンの模様が際立っています。造作テレビボードとの相性も抜群です。

LDKから2階へ繋がる鉄骨階段の下は、カウンターを設置。階段下をうまく利用することで空間を無駄にすることなく、有効的なスペースが生まれます。ちょっとした作業台としても、また、さりげなくインテリアを飾っておくだけでも絵になるような素敵な場所です。

2階には寝室に、ウォークインクローゼットと子ども部屋をシンプルに配置しています。
夜勤仕事もあるご主人のために、寝室の窓の位置は少し高めに設定。ご家族が集まる共有スペースは広く開放的に、休息時間は静かにゆったりと過ごせるようにと、メリハリをつけています。
お互いのライフスタイルを尊重し、落ち着いて暮らしやすいよう考えました。

外観は印象的に
とことん凝りたい

「凝った外観にしたい」とのご夫婦の思いから、発色の良いブラックのフラットサイディングと木の掛け合わせをご提案しました。道路から見た印象は全体的に黒いボリューム。アプローチに進むにつれ、杉の板張りが連なり、より美しく魅せてくれます。また、バルコニーの凹凸感が外観的に、プラスのアクセントを加えています。

ご主人の趣味であるバイクを触ることができるよう、ゆとりあるガレージにカーポートを計画。玄関とカーポートの間には、プライベートな庭を作ることで、お子様たちが自由に元気に遊びまわる姿を、家の中からも見ることができます。さらに夏には、北東に向かって花火が見えるとのこと。家にいながら花火鑑賞ができるのは、とても贅沢です。

細部のディティールまでこだわったN様邸。どの角度から見ても、どの空間を切り取っても、お二人が「凝りたい」と望んだアイデアが満載の住まいとなりました