WORKS_21

「大きな庇のある白い家」

自然素材を使った美しく伸びる大きな庇は
外観にインパクトを持たせて

岐阜県揖斐郡 I様邸

CONCEPT

光の余韻とゆとりを考えた
美しい住まい

ご両親の土地の一部を受け継いで、母屋の隣に建築されたI様。お互いの距離感を大切に、大きく開きすぎず、ゆとりを持った間取りを考えました。吹き抜け上部からの明かりを効率よく取り込み、光の余韻が楽しめるような工夫が施されています。

 

玄関とリビングを繋ぐ
大開口の吹き抜け

I様の建築地は、北側に母屋、東側に車庫と畑があり、西側が道路。南側に隣接する住宅も考慮し、母屋との距離を適度に保ちつつ、外部からの視線のカットを前提として光の通り道を考えました。玄関とリビングの上部は、大きな吹き抜けで繋がっており、見上げた際の開放感はとても気持ちが良いです。この繋がった吹き抜けの存在が、住まい全体の空気の循環を良くし、光と風をうまくコントロールしています。

 

縦と横の広がりを
とことん大切に

LDKから繋がる畳スペースは、あえて仕切ることなく、一体感を持たせました。各部屋の繋がりが1階全体をより広く感じさせ、キッチン周りを回遊できる点からも、自由度の高い動線が確保されていることが分かります。

奥様の希望により、収納は基本的に隠せるように。キッチン、リビング、和室と暮らしの中に馴染むように配置されています。階段下も可愛らしい扉をあけると収納に。スペースを有効的に活用するアイデアで収納量もアップされています。

造作の洗面台もゆとりを持たせ、作業台では洗濯物を畳んで、隣接するWICにすぐに仕舞うことができる移動の少ない洗濯動線です。
床材のバーチ材に合わせた、優しい色合いのメープルの木を使った数々の造作家具は、家の雰囲気にまさにピッタリ。玄関のベンチ、ダイニングテーブル、テレビボードとすべてオリジナルで造作しました。

 

大きく伸びる庇と
美しい塗り壁

最初はメンテナンスのことも考えて、ガルバリウムの外壁にしようかなぁと思い描いていたI様ご夫婦。打ち合わせの回数を重ねていくたびに、ご自身がどんな風合いが好きで、どんな理想を描いているかが少しずつ明確になっていき、最終的には塗り壁の外壁を選ばれました。
玄関は2方向から入ることができるようになっており、母屋からの直接的な目線を遮るためにも、格子を利用し、さらにデザイン性もぐんとアップさせています。

家づくりというのは、打合せ当初まだぼんやりとしていた理想像などが、建築家の先生や私たちスタッフと想いを通わせていくことでだんだんと見えてくることもあります。I様のように少しずつ膨らんでいったイメージが最終的にご家族にピッタリと合った時、私たちも大変嬉しく、「らしさ」溢れるお家づくりを一緒にさせていただけたことに感謝いたします。