WORKS_15

「Simple home」

持たない暮らしを理想とするご夫婦の
シンプルを極めたお家

岐阜県岐阜市 Y様邸

CONCEPT

シンプルな配置計画から
「暮らしやすさ」を呼び込む

敷地の北側が道路に接道している旗竿地に建築するため、まず第一に土地の形状を最大限に活かすことを考えました。たっぷりの採光、明確なゾーニングを念頭に置き、建物を敷地の中央・東寄りに配置。外部スペースとのつながりを持たせたプランです。

採光面を意識した
L字型の平屋

土地の形状から、L字型の平屋がベストと考えられたY様邸。LDKを家の中心に、南側に大きな開口を持ち、十分な明るさを確保しました。南に面した庭では、家庭菜園を楽しんだり、一緒に暮らすペットのうさぎと遊んだり。リビングを開け放し、一体的に利用することもできます。

存在感のあるオープンキッチンでは、ご夫婦がご友人たちと会話をしながら料理するのも賑やかになりそうです。キッチン扉や背面収納、造作カウンターはホワイトで統一することにより、清潔感のあるスッキリとした印象に。

キッチン側から見渡せるリビングダイニングには畳スペースが繋がります。勾配天井が空間の広がりをより感じさせ、将来的にはお子さまがここで遊ぶのを家事をしながら眺めることができます。
リビングにソファーを置いてくつろぐのも良し、畳に座ったり寝転んだりして過ごすのもまた良しと、その日の気分によってさまざまに。仕切りがないこの広々とした空間全体をエアコン1台でまかなえるのも、高気密高断熱の家だからこそです。

実用性を考えた
用途別の収納

玄関を入ってすぐ左にはベンチと可動棚を備えたシューズクロークを、ルーバーの奥には、入り口のアーチ型が可愛らしい、広々としたファミリークローゼットを作りました。家族みんなのアイテムは一緒に収納し、個人の物は各居室で収納できるように分けました。

理想は三角屋根の
カフェのような雰囲気で

「真っ白で可愛らしくて、深めの軒がある三角屋根のおうち。ナチュラルな感じにしたいな。でもメンテナンスも大事だよね…」とのご要望を実現すべく、外観にはホワイトのガルバリウムを横葺きで施工しました。建物の外部には、駐車場、ゆとりのあるアプローチ玄関、南側の庭と3つのスペースを目的別に作りました。
旗竿地ゆえ車のアプローチが限定されがちな土地で、計画最初は「バックで駐車しますから」とお話しされていたY様ですが、ずっとこの家に住んでいくにあたり、ストレスなく暮らしてほしいと、旋回できる駐車スペースを確保しました。

 

Y様ご夫婦はご自身の暮らし方が明確で、必要な物を必要とされる場所に的確に。無駄のないシンプルな配置計画に、シンプルなプラン。そこにお二人ならではの個性がプラスされ豊かな空間が完成する、まさにY様にとっての「Simple is Best」なお家になりました。