WORKS_12

「オンリーワンの平屋」

お気に入りとこだわりを
とことん散りばめた自慢の家

岐阜県不破郡 K様邸

CONCEPT

ほかの家には無いような
我が家だけのカラーを

「せっかく注文住宅を建てるなら、どこにもない私たちだけの特別なお家を作りたい」K様のたくさんの希望や夢を引き出して、設計しました。家族の存在がいつも近くに感じられる贅沢な平屋暮らしは、ご家族の会話が絶えることのないにぎやかな毎日となることでしょう。

南北に伸びる
100坪の広さの土地

南北に細長く、広々とした土地を存分に活かすには、どのような工夫ができるだろうか?建築家の腕の見せ所となったK様のプランニング。家全体を通して暗い場所を作らないようにと、普通ならば南側にリビングを配置するところを、あえて家の真ん中に。ロフトや中庭からの間接的な光を取り込むことで、北側リビングとは思えないほどの明るさを確保することができています。
「リビングは広くて明るくて最高の空間にしたい」とのK様の想いが見事に反映されています。元気いっぱいな子どもたちと一緒に遊ぶにも、ちょっと疲れた時にゴロゴロとくつろぐにも、そしてご両親やご友人を招いた際にも、どんなシーンにも最高の時を演出してくれることでしょう。

リビングの一角には、畳コーナーを設けました。子どもたちがお昼寝したり、遊んだり、ちょっと腰掛けたりするのにも便利。小上がり部分には引き出し収納を造作し、小物やおもちゃなどの散らかりがちなアイテムもスッキリと片づけられるよう計画しました。

造作棚はキッチンの背面収納にも。可動棚で使いやすく、必要な物の量に合わせて変化させながら使えるように。手前の引き戸により、普段使いはオープンに、見せたくないときには閉めることで、生活感を抑えることができます。

高気密・高断熱と
室内干し

主寝室の横にはウォークインクローゼットを設け、その隣には室内干しスペース、洗面脱衣所へとつながる動線を考えました。洗濯物を仕舞う際も、すぐにウォークインクローゼットへ収納することができるので、この裏動線は日々大活躍。高気密・高断熱のお家だからこそ室内でもカラッと洗濯物が乾きます。天気に左右されないのは大きな利点です。

レッドシダーの板張りに
玄関上部の天窓

「自分たちの“色”を出していきたいよね」K様ご夫婦がいつも口にしていた言葉です。家に帰ってくるのが楽しみになるようなそんな空間になるようにと、玄関にはレッドシダーの板張りを採用し、ガルバリウムの外壁にアクセントをプラス。玄関ポーチから見える中庭の緑にも心が癒されます。そして玄関を入った上部の天窓からは、やわらかな光がふわりと降ってくるような仕掛けを施しました。

ご夫婦が何度も話し合いを重ねて、一つひとつお気に入りを決めていく、その過程を楽しむことができるのも自由設計のお家の醍醐味。ご夫婦のセンスに建築家のアイデアが加わり、さらにK様ご家族の個性が光る、とっておきの“我が家”の完成となりました。
そしてこの後も、暮らしていく中でまた新しい「色探し」をご家族で楽しんでいただき、ますます深みのある色に染まっていかれるといいなと願っています。